ウサギというのはなぜか1匹、2匹・・・ではなく1羽、2羽・・・という風に数えますよね。

 

日本語の中には、「なぜこの単位で数えるんだろう」というものはいくつか存在するものの、学校で習うことは「こう数えるからそう覚えなさい」ということだけですよね。まあ、教える側の教師もその由来を知らなくて教えられないという理由があるのでしょうが、結局なぜそういう数え方をするのか?理由を知らないまま大人になってしまいました。

 

でも今は、「うさぎ 数え方 由来」とか「うさぎ 数え方 理由」とかでネットで調べれば簡単に答えが見つかる時代なのです。便利な世の中になったものですね。

 

ということで、なぜウサギの数え方が「1羽、2羽・・・」という風になったのか、その理由を調べてみました。

 

スポンサードリンク

ウサギを”羽”で数える理由や由来

うさぎを1羽、2羽・・・という数え方をするようになった理由としては諸説あるようですが、一番有力な説は「ウサギを食べるため」というものです。

 

今では愛玩動物としての意味合いが強いウサギですが、昔は貴重なタンパク源でした。確かに、バガボンドという漫画で宮本武蔵が山にこもった際にウサギを狩って食べているシーンを見たことがあります。

 

しかし、江戸時代に仏教が広まると、仏教の教えにおける「殺生禁止」と日本独自の「肉食禁止令」という4つ足の動物を食べることが禁止されたことが合わさって、4つ足の獣の肉を食べることができなくなりました。

 

しかしこの肉食禁止令には抜け道があり、「魚や鳥は食べても良い」というものでした。これは単に、4つ足の獣を禁止することはたやすいのに対して魚や鳥の禁止というのは難しかったことが理由として挙げられます。また、当時の感覚としては魚や鳥は動物とみなされていなかったというのもあります。

スポンサードリンク

 

となると、ウサギは明らかに4足の獣ですから、普通に考えれば肉食禁止令の範疇に入りますよね。しかしこれを何とかして食べることを考えた時に、「ウサギを鳥と見立ててしまえばいい」という屁理屈を思いついたのです。

 

確かに、ウサギは2本足で立つこともできますし、その長い耳が鳥の羽のようだということで鳥の一種だとこじつけすることは十分に可能です。鶏のように飛べない鳥もいますからね。

 

 

さらに言うと、ウサギを鳥に見立てるための根拠というのが他にもあったようなのです。

 

まず一つは、ウサギと鳥の狩猟の仕方が非常に似ているという点です。両方とも、網を使って捕獲をするのです。もう一つは、ウサギの名前の由来が関係しています。ウサギという言葉を「ウ」と「サギ」に分けて、「鵜」「鷺」と、鳥2羽にすることができますね。

 

さらには、ぴょんぴょんと跳ねる姿が飛ぶ鳥のようだから、とか鳥と骨格が似ているからというようなこじつけもあります。

 

これらの理由が相まって、ウサギを鳥と偽るための素地が出来ていき、ウサギを「1羽、2羽・・・」という風に数えるようになったのです。

 

しかし、そんなこじつけをしてまで食べたくなるほど、ウサギの肉というのは美味だったのでしょうか。となるとちょっと食べてみたくなりますよね。現在の日本でも、少数ながら国産のウサギ肉を生産しているところもあるようです。味は鶏肉に似て美味しいそうです。

 

 

ちなみに、誤解されている方が多いようなのですが、ウサギは1羽、2羽という風に数えますが、別に1匹、2匹という風に数えても間違いではありません。「ウサギは”匹”じゃなくて”羽”だよ」としたり顔で教えても、それはどちらでも正しいのでかえって恥をかくことになるのでやめておきましょうね。

 

いやむしろ、食用として数えるために「1羽、2羽・・・」というような数え方をしていたのだとしたら、ウサギを食べることがあまりなくなった現代では「1匹、2匹・・・」という数え方の方が正しいと言えるかもしれませんね。

記事を書いて月3万円を自動で稼いでます

実はこういう記事を書くことでに月約3万円を何もしないで自動で稼いでいます。

 

元々公務員をやっていたのですが、今はこういったブログをいくつか作って得られる収入だけで生活しています。

 

ブログから自動でお金を稼ぐ方法というのを詳しく書いて情報発信するブログも書いていますので、もしブログを書いて「何もしないで勝手に収入が得られる」生活に興味がある人はそちらも参考にしてみてくださいね。

 

こちらでブログで稼ぐ方法を書いています。

 

Twitterもやっているのでフォローしていただけると嬉しいです。

 

Twitter: