梅雨は春から夏に季節が移行する際に
その前後と比較して雨が多くなり、日照りが少なくなる
気象現象のことです。

 

地方だと若干、梅雨入りの時期は変わってきますが
関東で言えば例年、大体6月初頭から梅雨入り
ということになるのが多いようです。

 

私達の感覚だと梅雨入りすると
「何となく雨が多くなってきたな~」
と梅雨入りを実感するわけですが、
これって明確にいつからっていうのは
決まっているのでしょうか?

 

気になったので調べてみるとともに、2016年の梅雨入りが
いつからになりそうなのかを予想してみたいと思います。

スポンサードリンク

梅雨入りには明確な基準がない

実は、「○○mmの雨が降ったから梅雨入り」とか
「雨の日が○○日続いたから梅雨入り」とか
わかりやすい明確な基準があるわけではありません。

 

気圧配置や前線が梅雨型であることや
連日くもりや雨のところが多かったり
むこう1周間の雨や曇りが多くなる見込みがある
というような中期予報を出したりして
それらの条件から気象庁が総合的に判断します。

 

そして、この梅雨入りの移り変わりの時期が
5日間程度あり、その5日間の真ん中の日を
「梅雨入りの日」としているのです。

 

そのため、私達にしてみると
まるで後出しのように梅雨入りを決定されている
ような気がしてしまいます。

 

常に移り変わっていく自然が相手なので
仕方ない部分はあると思います。
(そもそも今日明日の天気ですら100%予測することは
不可能なわけで・・・)

 

まあ、梅雨入りの日付というのは公式発表されて
以後その日が梅雨入りした日だというデータが後世に
残っていくわけですから、こういった大局観で総合的な
判断を下してから決定する、ということになるのも
うなづけます。

 

それでも「○月○日ごろ」と書いてあって少し曖昧ではありますがね。

 

現在は気象庁は「○○地方が梅雨入りした模様です」
というふうに梅雨入り発表という形を取っていますが、過去には
「梅雨入り宣言」をして断言したのに雨が降らず、農業関係者から
クレームが入ったということもあるようです。

 

これは公務員の辛いところかもしれませんね。

 

梅雨明けに関しても梅雨入りの決定と同様で
中期予報を出して実際に晴れ始めた日を梅雨明け
とします。

 

しかしこれもまだ暫定値で、9月頃に改めて
結果を再検討して正式にその年の梅雨入り、梅雨明けの時期が
決定されるのです。

 

2016年の梅雨入りはいつからか予想は可能か?

2016年の梅雨入りがいつからになるか、ということですが
正直いつになるか、今の段階ではわかりません。

スポンサードリンク

一応、過去10年の梅雨入りの日を気象庁の
ページから引っ張ってくると

梅雨入り 梅雨明け
2005年 6月10日ごろ 7月18日ごろ
2006年 6月 9日ごろ 7月30日ごろ
2007年 6月22日ごろ 8月 1日ごろ
2008年 5月29日ごろ 7月19日ごろ
2009年 6月 3日ごろ 7月14日ごろ
2010年 6月13日ごろ 7月17日ごろ
2011年 5月27日ごろ 7月 9日ごろ
2012年 6月 9日ごろ 7月25日ごろ
2013年 6月10日ごろ 7月 6日ごろ
2014年 6月 5日ごろ 7月21日ごろ
2015年 6月 3日ごろ 7月10日ごろ

 

 

という具合で、2008年と2011年を除けば
例年、概ね6月の頭から梅雨入りに入り
梅雨明けは7月頭~8月とかなりばらつきがあります。

 

2016年もこの範囲内におさまるような時期に
梅雨入りするのではないか、ということくらいしか
予想はできませんね。

 

しかし、「梅雨入りの日」を予想してもあまり意味ないと思います。

 

そもそもこれって、いわば「気象庁が勝手に決めた」日ですよね。

 

私達が知りたいのは「梅雨入りになるのは何日からか」
というお役所都合な日付のことではなく、大体いつ頃から
雨が多くなるのだろうか?ということですよね。

 

仲間内で「気象庁が梅雨入りを決定する日はいつか当てる」
勝負事でもしているならまだしも、普通の人はその予想が
当たっても何の意味もありませんよね。

 

花粉が飛散する時期などは前年の気温とかから
ある程度予想できたりするんで、梅雨入りの時期も
そういう予想ができると思っていましたので
私自身も、このような調査結果になってしまったことは
少し残念です。

 

いつか技術が進歩して梅雨入りの時期を
科学的に検証できるようなことになれば良いですね。