何事においても吉、成功しない日はない
とされる大安。

大安

物事を始めるのにもってこいで、結婚式など
慶事はこの大安の日に好んで行われますね。

 

「大いに安し」というその字面からも
縁起の良い日というのは何となく
わかりますが・・・

 

そもそも大安ってどういう由来とか意味があるのか
考えたことはありますか?

 

「大安だから良い」
「仏滅だから悪い」

 

と何となく耳にするものの、本来の意味って
あまり考えたことない人多いんじゃ
ないでしょうか?

 

ここでは大安について調べてお伝えしたいと
思いますので、なぜ大安が縁起の良い日なのか
を是非知っていってください。

スポンサードリンク

大安とは

大安というのは「六曜」という暦注の一つで
先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種類が
それぞれ1日ごとに順番通りやってきます。

 

六曜のルーツは中国で、日本に流入したのは
鎌倉時代と言われています。

 

源頼朝

 

元々は「泰安」という言葉だったのですが
時代とともに「大安」に変わっていきました。

 

大安の他の六曜は、

午前だけは吉日とか
午後だけは吉日とか
お昼の間だけ吉日とか
時間的に限定されたものなのですが
この大安の日は、一日中が吉日というもので
六曜の中でも最も良い日とされています。

 

陰陽道で言うと「気が安定している日」
なので、ラッキーデーというよりも
一日を通して安定している日というのが
近いかもしれません。

 

そのため、物事を始めるのにうってつけで
新しい夫婦としての始まりの結婚式や
新しい政府としての始まりの内閣の組閣
の日にこの大安が選ばれることが多いです。

スポンサードリンク

 

 

ちなみに、結婚式の挨拶などでよくある
「本日はお日柄も良く・・・」
というのは現在は天気の良し悪しで言われること
もありますが、元々は六曜に照らし合わせて
吉日かどうかということで言われておりました。

 

結婚式は大安じゃないとダメなのか?

大安は物事を始めるのにうってつけな吉日
ということでこの日に結婚式を挙げようとする
カップルは多いです。

 

結婚式

 

とはいえ、それだけ人気のある日ということで
式場を予約するのは一苦労で、土日祝日と
大安が重なる日に結婚式を挙げようとする
とかなり前から予約が必要になります。

 

土日にディズニーランドに行くようなもんですね。

 

実利的な面を優先して、あえて大安じゃない日に
結婚式をあげるという選択肢も十分あると思います。

 

結局こういうゲン担ぎは本人たちの気持ちが
一番大きいです。

 

例えば大安とは逆に縁起の悪い日
とされる仏滅ですが、あえて仏滅に
結婚式を挙げることもあるようです。

 

仏滅というのは仏も滅するほど
悪い日ということ
になっていますが、
元々は「空亡」「虚亡」と
言われていました。

 

これを全てが虚しい日、と解釈して
「物滅」と呼び、それが転じて「仏滅」
になりました。

 

物滅という言葉から

「物事が一旦滅び、新たに物事が始まる」

として何かを始めるのに大安よりも適している
という解釈をするのです。

創造的破壊ですね。

 

捉え方によっては凶日も吉日にすることが
できるんで、本人たちが納得するなら
大安じゃない日でも別に良いと思います。

 

「大安じゃないと嫌だ!」

 

というのもそれはそれで1つの捉え方です。

 

「大安にするかどうか」でもめて夫婦
に亀裂が入ってしまうようなら、その夫婦は
大安じゃないとダメな夫婦でしょう。

 

まあ、これを言っちゃおしまいかもしれませんが
大安に結婚式を挙げようが結局離婚する人たちは
いますからね。

 

以上、大安と結婚式の関係について
私見を交えての調査でした。