子供の成長を実感する行事に七五三というものがあります。

 

%e4%b8%83%e4%ba%94%e4%b8%89

その名前の通り、七歳、五歳、三歳の子供の成長を祝う行事なわけですが、この七五三というのはどういう由来があって、いつから行われているものなのでしょうか?

 

子供に七五三の意味も説明せずにやるのでは大人としてちょっと情けないですよね。特に子供が主役となる行事なわけですから、なおさら七五三の由来について知っておく必要があるでしょう。単にわが子を可愛く撮るだけのイベントではないですからね。

 

ということで、こちらでは七五三の由来・起源・意味、さらには千歳飴を使う理由なども併せてお伝えしたいと思います。

 

スポンサードリンク

七五三の由来・起源

七五三の起源はなんと平安時代にまでさかのぼります。

 

当時は、今と違って医学も未発達で食糧事情も芳しくなく、流行病や飢餓などで子供の死亡率が高い時代でした。

 

特に乳幼児の死亡率は著しく高かったので、生まれてから3~4年経ってから今の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録したそうです。

 

それくらい子供の生存率が厳しかった時代にあるので、七歳までは子供は「神の預かりもの」として考えられていました。

 

神の預かりものというのは聞こえがいいですが、要は人間として「仮登録」の状態ということです。七歳になってようやく、「本登録」の人間として歩むことができたのです。逆に言えば七歳まで生きたならとりあえず一安心、といったところでしょうか。

 

人間として「本登録」になる七歳だけでなく五歳、三歳の時にも通過儀礼としてお祝いが行われるようになったのが七五三の由来です。今よりも一層、命の重みというものを感じていたことでしょう。

 

最初は、子供の年齢の節目ごとにしていたお祝いは地方によってまちまちで定まっていないところがあったのですが、江戸時代になると共通の儀式をするように定着していきました。

 

 

それぞれの年齢ごとの儀式は

 

  • 三歳 髪置の儀 男女とも髪を伸ばし始める

 

昔は男女とも生後七日で産毛を剃って三歳までは丸坊主なのが普通でした。これは病気を予防する意味があったようです。

 

  • 五歳 袴着の儀 男の子が袴を着る

 

幼児から少年の節目として男児が初めて袴をつける儀式です。

 

  • 七歳 帯解の儀 女の子が帯を締める着物に変える

 

昔は小さい女の子の着物には紐を着付けていましたが、紐ではなく帯をつけ、さらには大人と同じ着物をつけるようになるという儀式です。

 

 

これらの儀式は起源となる時代もまちまちで、平安時代からだったり室町時代からだったりするのですが江戸時代にこれらがまず武家に定着し、次に一般庶民へと広まっていきました。

 

ここから男の子は三歳と五歳の節目に、女の子は三歳と七歳の節目にお祝いするというのが形成され、明治時代になると「七五三」という言葉が使われ始めます。

 

七歳は女の子のみ、五歳は男の子のみ、三歳は男女共通という風になっているのはこんなことが理由だったんですね。男の子は袴を着るようになることで「本登録」になるので七歳では改めて祝うことはしないという解釈でしょうか。

スポンサードリンク

 

しかし書いていて思ったのですが、七五三ではなく「三五七」のほうがわかりやすいような・・・普通は小さいほうから先に数えますよね。

 

この辺りは調べても不明でした。単に「さんごしち」よりも「しちごさん」のほうが語呂がよかったというだけかもしれません。

 

千歳飴の由来

 

%e5%8d%83%e6%ad%b3%e9%a3%b4

千歳飴の由来としては二つの説があります。

 

一つは江戸時代元禄に浅草の飴売りの男・七兵衛が紅白の棒状の飴を「千年飴」「寿命糖」として長い袋に入れて、売り出したものを起源とするもの。

 

もう一つは大阪の商人・平野甚左衛門が江戸に出て「これを食べると千年もの長寿になる」として長い飴を売り出したのを期限とするものです。

 

いずれにしても、長寿や寿命のことにかこつけて売り出したのが千歳飴だということは共通していますね。それは「千歳」という名前からもわかります。

 

そして袋の鶴亀は長生きを示唆し、松竹梅は健康や力強さを意味し、「寿」の文字は単純にめでたいという意味があり、とにかく縁起物としての意味合いが強いです。

 

このことから、千歳飴には「親の子供に対する長寿の願い」が込められています。

 

紅白というのもめでたさの象徴なわけですが、なぜ紅白がめでたいのか?ということを探っていくとまた諸説あるようなのでこちらでは割愛させていただきます。

 

なぜ七五三の時に配ったのかというと、昔は糖が貴重だったというのがあるようです。

 

せっかくのお祝い事ですから、貴重な糖を惜しまずに使って子供の長寿をお祝いしたというのが理由ですね。

 

千歳飴は七五三の時に子供が持っているものというイメージから、子供の食べ物と思われがちですが、これはお宮参りのお土産の縁起物で、お祝いのお返しにも使われますし、「お福分け」として親戚やご近所に配っても大丈夫です。

 

 

千歳飴はその子供の歳の数だけ入っていますが、実は白のほうが一本多いそうです。

 

 

七五三はいつなのか

七五三がいつなのか?ということですが、これには単純に七五三の日付がいつなのか?ということと自分の子供がいくつの時に七五三をやればいいのか?と二つの疑問があると思います。

 

日付がいつなのか?ということに関していえば、七五三は11月15日です。

 

なぜ11月15日になったのか?という由来については諸説あり、有力なものは「犬将軍」として有名な第五代徳川将軍・綱吉の子である徳松の髪置の儀を行ったのが11月15日であったというもの。

 

 

あるいは、中国から伝わった「二十八宿」という暦においてこの日が鬼宿日という鬼が出歩かない、万事進むに大吉の最良の日であったからという説もあります。

 

さらには七・五・三の数字をすべて足すと15になるから、という説もありますね。これは1月5日のほうがわかりやすいような・・・?

 

それと、子供の年齢の数え方によっていつやるか?という疑問もありますね。

 

かつては数え年という、生まれた瞬間にすでに1歳で、翌年の元日に歳を取るという年齢の数え方をしており、七五三も数え年の年齢に合わせて行うのが一般的でした。

 

しかし現在では、生まれた瞬間は0歳でそれぞれの誕生日ごとに1歳増えるという満年齢の考え方が主流で、七五三も満年齢でやるところも多いみたいです。

 

このあたりは、子供が複数人いる場合に、七五三を同時にやってしまう帳尻合わせのために一番上の子を満年齢で、下の子を数え年でやってしまうというような考え方もあるのである程度柔軟にやってもよさそうですね。