7月6日はサラダ記念日です。

Fresh mixed salad with tomatoes

 

歌人の俵万智(たわらまち)さんが歌った

「この味が いいねと君が 言ったから 7月6日は サラダ記念日」

 

という、あまりにも有名な短歌のフレーズから
サラダ記念日となっております。

 

そして俵万智さんが発表した歌集の
タイトルも「サラダ記念日」となっており
1987年5月8日に発売されました。

 

7月6日に発売されたわけでは
ないのですね。

 

そうすると、この7月6日が突然
出てきた理由ってなんなのでしょうか?

スポンサードリンク

サラダ記念日の由来とは

そもそも、この短歌が生まれた経緯は
俵万智さんがボーイフレンドに作った
料理のことを褒められて嬉しかったという
気持ちを歌にしたのですが、その時の
メニューはサラダではなく、鶏の唐揚げでした。

 

から揚げ 

 

鶏の唐揚げをカレー味に工夫したら
「これいいね」と褒められたそうです。

 

しかし唐揚げでは重いのでサラダに変更し
また、サラダのイメージが元気な初夏の7月
に合っていたため7月にしたそうです。

 

そして6日になった理由は
「なんでもない普通の日」を
二人の記念日にしたいという想い
からきています。

スポンサードリンク

 

ま、要するに適当に決めてたんですね。

 

別に唐揚げカレー味記念日でも
よかったわけだし7月6日というのも
完全に思いつきです。

 

この短歌の内容に突っ込んで考えた時に
手の込んだ料理ならまだしも
サラダなんてわりと簡単にできるものを
「いいね」と褒めるようなことがあるのだろうか?
とちょっと疑問ではありますからね。

 

逆に、サラダを褒めてメインディッシュを
褒められないと女性の気持ちとしては逆に
「なんでサラダだけ褒めるの!?」なんて
憤慨しそうなものです。

 

特に、料理の味の相性というのは
夫婦になった時の相性にも直結
しますよね。

 

そういうところもあって、女性が手作り
の料理を提供するときはものすごい覚悟を
するといいます。

 

まあ、それだけに料理の味を褒められて
嬉しかったという気持ちを表現している
のでしょうが、サラダでは何だか
そういう気持ちの重みが伝わってこなくて・・・

 

そのまま唐揚げ記念日で良かったと
おもうのは私だけでしょうか。

 

俵万智さんの気持ち自体は分かる
のですが、突如白羽の矢が立ったサラダ
が何となく不憫というか・・・

 

普通の「サラダの日」は記念日としては
存在しません。

 

おそらく、サラダ記念日が広まったことで
後追いになってしまうから制定されない
のでしょう。
(7月4日はシーザーサラダの日らしいです)

 

記念日というものは、大抵は語呂合わせ
だったりするのですが制定する人がそのもの
に対して愛を持っていることは共通です。

 

当サイトが記念日について扱っている
のでよく分かるのですが、そのことに
例外はありません。

 

だからこそ、適当に「7月6日はサラダ記念日~♪」
と広めてしまった罪は重いと思います。

記事を書いて月3万円を自動で稼いでます

実はこういう記事を書くことでに月約3万円を何もしないで自動で稼いでいます。

 

元々公務員をやっていたのですが、今はこういったブログをいくつか作って得られる収入だけで生活しています。

 

ブログから自動でお金を稼ぐ方法というのを詳しく書いて情報発信するブログも書いていますので、もしブログを書いて「何もしないで勝手に収入が得られる」生活に興味がある人はそちらも参考にしてみてくださいね。

 

こちらでブログで稼ぐ方法を書いています。

 

Twitterもやっているのでフォローしていただけると嬉しいです。

 

Twitter: