魚というのは大抵、「魚へんに○○」という形で漢字一文字に収まる形になっていますよね。

 

そしてこれは春夏秋冬でもそれぞれ種類があります。

 

魚へんに春、魚へんに夏、魚へんに秋、魚へんに冬・・・

 

 

しかし、実はこの中に一つだけ仲間はずれがいます。それは「魚へんに夏」の漢字。

 

 

他の3つのものは漢字一文字で表せるのに対して、「魚へんに夏」を表すのは「魚+夏」というそのまんま2文字で魚の名前を表します。

 

じゃあこの「魚+夏」の漢字の読み方はなんというものなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

「魚+夏」の漢字の読み方は「わかし」と言います。

 

 

なんだか若そうな魚なのかな?と思いつつも実はその通りで、この「わかし」というのはブリの稚魚のことを指しているのです。

わかし

元々ブリは出世魚で、ブリの前はわらざ、はまち(いなだ)、そして「魚+夏」のわかしが続きます。

 

わかし → はまち →わらざ → ブリ

 

といった感じですね。

 

 

そして「魚夏」の由来ですが、初夏に捕れることからこういった漢字のつくりにしたんだとか。

 

実は「魚へんに夏」の漢字もある?

わかしの話をしてきましたが、実は「魚へんに夏」という漢字一文字だとまた違うものを指す言葉になるのです。

スポンサードリンク

 

しかし、この「魚へんに夏」の漢字というのは変換が出来ません。

 

魚へんに夏

 

 

あわびといえば「鮑」、ふぐといえば「河豚」ですよね。

 

しかもこの二つって別に共通点もない、全く別の生物なのですが同じ漢字を使うのだとか。

 

正確にはこの「魚へんに夏」の字は「漢字」ではなく「国字」と言うそうです。つまり、漢(中国)由来の字なのではなく、日本国で作られた字のこと。

 

 

しかし、面白いことに気づきました。試しに「あわび」「ふぐ」というふうにキーボードで叩いて変換してみてください。

 

「鰒」という漢字が出てくるのがわかると思います。

 

実はこの「鰒」という字をよく見ると「魚へんに夏」にはなっていません。なんと言って表現するのかわかりませんが、復讐の「復」の右側にあるやつですよね。

 

魚へんに夏ではなく「鰒」なのは、単に書き間違えからこういう風になっていったのではないか?とも言われていますね。

 

アワビは確かに、夏を旬とする貝ですから、本来「魚へんに夏」という漢字であっても不思議ではありません。

 

一方、ふぐのほうは旬が11月~2月という寒い時期にはなっていますが・・・実は江戸時代では「夏こそふぐ」という夏にふぐを食べる文化が生まれていたのだそうです。

 

となれば国字である「魚へんに夏」を「ふぐ」としたのも不思議ではないような気もしますね。

記事を書いて月3万円を自動で稼いでます

実はこういう記事を書くことでに月約3万円を何もしないで自動で稼いでいます。

 

元々公務員をやっていたのですが、今はこういったブログをいくつか作って得られる収入だけで生活しています。

 

ブログから自動でお金を稼ぐ方法というのを詳しく書いて情報発信するブログも書いていますので、もしブログを書いて「何もしないで勝手に収入が得られる」生活に興味がある人はそちらも参考にしてみてくださいね。

 

こちらでブログで稼ぐ方法を書いています。

 

Twitterもやっているのでフォローしていただけると嬉しいです。

 

Twitter: