歌や曲というものは、ジャンルの違いはあれどイントロから始まり、Aメロ、Bメロ、そしてその歌や曲の聞かせどころである「サビ」へと続くというのは共通することですね。

 

 

イントロというのはintroduction(導入)から来ている言葉だというのは言わずもがなで、Aメロ、Bメロというのもなんとなくわかりますが不思議なのは「サビ」という言葉です。

 

 

それまでの言葉とは全く関連性がないように思えます。一体「サビ」とはどんな意味が込められていて、どのような由来があるのでしょうか?こちらでは「サビ」の意味や由来についてお伝えしていきたいと思います。

 

sponsored link
/div>

サビの意味・由来・語源とは

サビの語源というのは実ははっきりしておらず、いくつかの説があるようです。

 

まず一つは「ワサビ」です。

 

「サビ抜き」という言葉もあるようにワサビのことは「サビ」と言いますが、ワサビを使うものといえばなんといってもお寿司ですよね。

 

ワサビは少量でも刺激的なことから、曲や歌の中で最もインパクトのある部分を指して「サビ」と言ったとする説です。

 

あるいは、ワサビを食べたときの「鼻にツーン」により大抵の人が表情を変えるところからサビ部分は「変化が出る、盛り上がる」としてサビと呼んだという風にも言われています。

 

ただ通常、サビというのは何回か繰り返して使うものなので「少量でも刺激的」であることとは相反しているように思えます。イントロ部分でサビのメロディーを使用する楽曲も多いですしね。

sponsored link

 

何よりもワサビというのはあくまでも引き立て役であって、それとはほかに大トロなどのネタの部分がメインであるべきですよね。この意味からしても「ワサビ」からきているというのは疑問が残ります。

 

曲調が変わる、曲の表情が変わるというのは合点がいくのですが・・・

 

 

もう一つは日本の美意識として古くから根付いている「侘び寂び」が由来になっているという説です。

 

「寂び」というのは松尾芭蕉の俳句から生まれた概念で、俳句の中の最も美しい部分を「寂び(サビ)」と名付けてそれが引き継がれていると説明しているところもありますが、これは少々短絡的です。

 

元々「寂び」というのは「閑寂さのなかに、奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさ」のことを指します。これは「寂しい」や「寂れる」という言葉があることからもわかりますね。

 

となると、曲や歌の中で最も華やかな部分を指す「サビ」とは正反対の意味のようにも思えます。

 

しかし、実は本来の寂び(サビ)というのは寂声という言葉があるように「低く凄みのある声」という意味の言葉でした。これは本来のサビの意味に近いですね。

 

これがいつしか誤解されて「最も盛り上がる、聞かせどころ」という風になっていったとする説です。

 

なぜそのように誤解されるようになったのかという部分は不明ですが、こちらのほうが由来としては正しいように思えます。


sponsored link

コメントを残す