6月の別名は水無月と言います。

6月

暦の月に関しては、英語での呼び方と並んで
学校で習うものですが、大人になると忘れて
しまいがちですよね。

 

ちなに英語だとJuneです。ジューンブライドといいますね。

ジューンブライドの以来についてはこちら

 

6月といったら私達が
思い浮かべるのは梅雨とか湿気ですよね。

 

どちらかというと
「水有月」のほうがしっくり来ると
思うんですが、なぜ「水無月」と
言われているのでしょうか?

 

その由来・意味について
調べてみることにしました。

 

スポンサードリンク

水無月の由来について
調べていくと分かったのですが
これについては諸説あり、
文字通り「水が無い月」という意味である
という説もあればまったく正反対の
ものもあるようです。

 

なので、合わせて紹介していきたいと思います。

 

水無月=水の月 説

 

まず単純に字面だけを見ると
「水が無い月」という風に読めますが
これは無(な)という字が連体助詞にあたり
それに照らし合わせると
「水の月」という意味になります。

 

つまり、「な」が「の」と同じ
意味になるということですね。

 

 

実は水無月というのは
旧暦6月のことで現在の暦に
照らし合わせると
7月上旬~8月上旬になります。

 

この時期というのは田んぼに
水を引く時期なのですが
ここから、「水の月」として
水無月になったと言われています。

田んぼ

スポンサードリンク

 

単純に6月で水が多いから
というわけじゃないんですね。

 

当サイトでは立春などの
二十四節気の由来についても
いくつか記事にしておりますが
そこからみても日本人が
農耕と関連付けて
名付けることはよくありますからね。

 

農耕で言うと、田植えの作業を
みんなで頑張って終える時期
がこのあたりなので、
「皆し尽くした」から
皆尽月→水無月になった
という説もありますね。

 

文字通り 水が無い月 説

 

今度は、全く反対で文字通り
「みずなしづき」とする説です。

 

水無月が旧暦6月で
現在の暦に照らし合わせると
7月上旬~8月上旬になるというのは
前述のとおりですが、この時期は
梅雨が明けた時期なので
「水無月」ということです。

 

しかし、この説だと旧5月の「皐月」との
整合性が取れなくなります。

 

もし6月を水無月と名付けるならば
それと関連して5月は「水有月」と
なってもおかしくないからです。

 

まあ、水有月と皐月なら
「皐月」のほうが字として美しいので
必ずしも水有月がないからおかしいとも
言えませんけどね。

 

ただ、7月~8月って
雨が全く無いわけじゃないので
これを考えるとちょっとおかしいかな
という気はしますがね。

 

水無月の別名

調べると、水無月の他にもいろいろな別名が有り
旧暦と現在の季節の違いを感じられるものがあって
面白かったので紹介しましょう。

 

常夏月

 

常夏の花が咲く月ということから常夏月です。

ひまわり

 

完全に現在の7月~8月のことを指してますね。

 

炎陽

照りつける太陽のことを炎陽といいます。

 

これも完全に夏のことですよね。

 

以上、水無月の由来についての調査でした。

 

 

記事を書いて月3万円を自動で稼いでます

実はこういう記事を書くことでに月約3万円を何もしないで自動で稼いでいます。

 

元々公務員をやっていたのですが、今はこういったブログをいくつか作って得られる収入だけで生活しています。

 

ブログから自動でお金を稼ぐ方法というのを詳しく書いて情報発信するブログも書いていますので、もしブログを書いて「何もしないで勝手に収入が得られる」生活に興味がある人はそちらも参考にしてみてくださいね。

 

こちらでブログで稼ぐ方法を書いています。

 

Twitterもやっているのでフォローしていただけると嬉しいです。

 

Twitter: