7月1日は国民安全の日です。

 

 

ちょうど上半期が終わり一年の折り返し地点
という節目の日がこの国民安全の日という
ことになるわけですね。

 

1960年(昭和35年)の5月の閣議で
産業災害・交通事故・火災等の災害防止
を図る為に制定されました。

 

つまり制定したのは内閣ということになります。

 

あくまでもこれは内閣の決定ということなので
正式に法律として定められたわけではありません。

 

もし、法律としてこの日を国民安全の日に
定めるならば、そういった法律を別途
作成しなければなりません。

 

君が代記念日というのは国旗国歌法という
法律により定められておりますね。

 

実は7月というのは一年のうち12月に
次いで交通事故が多い月だと言われて
います。

 

特に小学校1年生~2年生の低学年
の児童に交通事故が多くなります。

 

入学したばかりで緊張していた4月
に比べ5月~7月は気が緩みがちです。

 

 

飲酒運転を起こすドライバーに
初心者ドライバーがほぼいないように
「慣れ」という慢心が交通事故など悲惨な
事故を起こしますからね。

 

ましてや7月となると梅雨が空け夏休みが
もうすぐそこまで迫ってきているという
のですから小学生が浮かれてしまうのは
無理もないかもしれません。

 

 

また、エアコンを付ける機会も多くなり
体調を崩すことや火災事故なども発生
しやすくなります。

 

 

そんな7月だからこそ安全・危機管理の
重要さを再認識し下半期も気を緩めずに
生活していこうと、そんな位置づけに
なっているわけですね。

 

制定された当時の1960年というのは
高度経済成長期の真っ只中です。

 

1960 年代には、 年間 6,000 人を超える人が
仕事中の労働災害によって命を落としたと
言われております。

 

製造業と建設業など、危険を伴う業種の
雇用者数が全体に占める割合が 4 割を
超えていたという産業の構造も起因して
いたのでしょう。

スポンサードリンク

 

加えて、自動車の数が激増したことにより
交通事故もそれまでよりずっと増えていました。

 

そのため、少しでも労働災害や交通事故を
防ぐための国民運動を啓発する記念日
として内閣により制定されたというのが
国民安全の日の由来です。

 

 

まあ、安全管理については日々の積み重ね
であって、たった一日だけ細心の注意を
払ってもあまり意味は無いのですが・・・

 

改めて意識する日があるからこそ
その次に繋がるという趣旨なのでしょう。

 

 

内閣府のHPによればこの国民安全の日の
主唱者は

内閣府、関係各省庁及び地方公共団体とする。

とあります。

 

そして

(1) 主唱者は、次の事項を実施する。

ア 内閣総理大臣等による安全功労者の表彰
イ 安全広報資料及びポスタ-の発行配布
ウ 安全に関する新聞、テレビ、ラジオ等による広報及び講演会、講習会等の開催
エ 安全に関する児童及び生徒の作品募集
オ 安全旗又は安全衛生旗の掲揚
カ 街頭等における安全指導及び安全に関する啓発宣伝
キ その他「国民安全の日」にふさわしい行事

ともあります。

 

 

地方公共団体といえば、真っ先に思い浮かぶのは
小学校や中学校での避難訓練ですが、7月1日に
避難訓練を行っている小学校・中学校は
まちまちです。

 

どちらかというと9月1日の「防災の日」のほうが
避難訓練には馴染みが深いと思います。

 

確かに、夏休み明けの初日は防災訓練を
やらされた記憶がありますが、7月1日に何か
したというような記憶はないですね。

 

そもそも、7月1日が国民安全の日だなんて
小学校で習いもしませんでした。

 

まあ、もし避難訓練をしていたとしても
校長先生の話を聞いていなかっただけの
可能性もありますが・・・

 

子どもたちが特に浮かれる季節でも
ありますから、国民安全の日が知られる
ようになると良いですね。

記事を書いて月3万円を自動で稼いでます

実はこういう記事を書くことでに月約3万円を何もしないで自動で稼いでいます。

 

元々公務員をやっていたのですが、今はこういったブログをいくつか作って得られる収入だけで生活しています。

 

ブログから自動でお金を稼ぐ方法というのを詳しく書いて情報発信するブログも書いていますので、もしブログを書いて「何もしないで勝手に収入が得られる」生活に興味がある人はそちらも参考にしてみてくださいね。

 

こちらでブログで稼ぐ方法を書いています。

 

Twitterもやっているのでフォローしていただけると嬉しいです。

 

Twitter: