歳をとるにつれて、「歳をとること」自体があまり嬉しくなくなってくるものですよね。

 

 

しかし、嬉しくないからといっても、年齢という「記号」は様々な公共の場において提示することを求められます。履歴書なんかでも「満年齢」を記載するように、と指示されますよね。

 

 

そして年齢というと、「数え年」というものもありますね。これってどういうものなのでしょうか?また、満年齢との違いはどのようなところにあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

満年齢と数え年の違い

 

満年齢と数え歳の違いというのは、当然ですが年齢の数え方にあります。

 

「満年齢」というとなんだか複雑そうなものに聞こえますが、これは普段から私たちが「年齢」として数えているもののことです。つまり、生まれた時点を0歳として、翌年の誕生日を迎えたときに一つ歳をとる、というごく当たり前の年齢の数え方です。

 

正確には「誕生日前日の午後12時」に歳を取る、という考え方です。午後12時というと少しややこしいですが、つまり日付が変わる瞬間の真夜中の12時の方ですね。

 

多くの人にとっては前日夜中の12時に歳を取ろうが、日付が変わってから歳を取ろうが大差はないです。しかし、これによって人生が大きく変わる人も存在します。それは「4月1日生まれの人」です。

 

4月1日生まれの人と4月2日生まれの人では、生まれた日がたった1日違うだけで学年が一つ違ってしまうというのはご存知だと思いますが、なぜ3月31日と4月1日が境目ではないのだろうと思いませんでしたか?これはつまり、4月1日生まれの人が「3月31日午後12時に歳を取る」という考え方をするために、滑り込みで早生まれとなるのです。

 

 

一方で、数え歳とは何なのかというと、生まれた瞬間を「1歳」と考え、0歳という概念がありません。母親の胎内にいる時間を0歳と考えるからです。言われてみれば確かにそうだなと思いますね。お腹の中にいる時も間違いなく成長はしているのですからね。これは仏教圏特有の考え方なんだそうです。

 

さらに言うと、自身の誕生日にではなく、生まれた年の翌年の正月に一つ歳を取る、という考え方をします。

 

極端な話、12月31日生まれの人はその生まれた日に1歳、翌日にはもう2歳という具合になるのです。

 

数え年の由来とは

現代を生きる私たちにとっては違和感がある年齢の数え方をするのが「数え年」ですが、むしろ昔はこちらのほうが主流でした。

 

というか、冷静に考えると個別の誕生日ごとに歳を取るという考え方の方がかなり面倒ですよね。自身の誕生日を覚えていなければなりませんし、正月に一律に年を取る方が管理もしやすいというものです。

スポンサードリンク

 

それは、現在にも残る年齢に関する風習が軒並み「数え年」を基準にしていることからもよくわかります。七五三、成人式、喜寿、米寿、白寿などは今も数え年を基準にしています。

 

少しだけ先に述べましたが、母親の胎内にいる時を0歳と考えるのは仏教圏の考え方で、この数え年というのも日本に限らず中国、朝鮮半島、ベトナムなどの東アジア諸国で使われてきました。

 

それは、「正月に歳神様がやってきて一つ歳を授けてくださる」という考え方をしていたという宗教的な理由や、家族内での多数の子供や公的制度・地域行事での年齢基準についていちいち個別に把握しているのが煩雑だったという生活面での理由などが挙げられます。

 

今だったら「子供の誕生日を覚えてられないなんてひどい!」と憤慨する人が現れそうなものです。

 

これが、明治6年に「太政官布告第36号(年齡計算方ヲ定ム)」により、公式には満年齢を使用して年齢を数えることとしました。明治初期の日本といえば欧米列強に追いつけ追い越せの時代です。年齢の数え方も数え年では時代遅れだったのでしょう。

 

ただこれは例外として数え年を使用することも認めており、基準があいまいでした。そのため、今度は明治35年(1902年)に「年齢計算ニ関スル法律」が施行され、これにより数え年から満年齢に一本化する方向に傾いていきました。

 

これは現行の法律でもあり

国又は地方公共団体の機関が年齢を言い表わす場合においては、当該機関は、前項に規定する年数又は月数によつてこれを言い表わさなければならない。但し、特にやむを得ない事由により数え年によつて年齢を言い表わす場合においては、特にその旨を明示しなければならない。

 

と、公の機関においては満年齢を使うことが完全に義務付けられたのです。

 

ここまで法律で強く縛る必要があったのは、前述のような国際性向上だけが目的ではありません。配給による不合理の解消が主な目的です。

 

前述のように12月生まれの乳幼児であれば、数え年だと翌月にはもう2歳になるわけですが、この「年齢」を盾にしてキャラメルなどの配給の恩恵に与ることができてしまったり、あるいは満年齢では50代なのに数え年で60歳になるために配給量が減らされるなどの問題があったのです。

 

 

ということで、公的機関はおおむね満年齢を使用することとなったのですが、日常生活においてはやはり数え年のほうが一般的でした。

 

戦後の1950年には「年齢のとなえ方に関する法律」が施行され、「普段からも満年齢の使用を心がける」といういわば努力義務のような法律なのですが、これによって満年齢の使用が一般的になっていきます。

 

戦後の日本を占領していたGHQの指導により日本の文化というのは破壊されたものが多いですが、これに関しては明治初期から日本政府自体も満年齢から数え年への移行を進めていたので必ずしも悪いとも言い切れないですね。

 

 

記事を書いて月3万円を自動で稼いでます

実はこういう記事を書くことでに月約3万円を何もしないで自動で稼いでいます。

 

元々公務員をやっていたのですが、今はこういったブログをいくつか作って得られる収入だけで生活しています。

 

ブログから自動でお金を稼ぐ方法というのを詳しく書いて情報発信するブログも書いていますので、もしブログを書いて「何もしないで勝手に収入が得られる」生活に興味がある人はそちらも参考にしてみてくださいね。

 

こちらでブログで稼ぐ方法を書いています。

 

Twitterもやっているのでフォローしていただけると嬉しいです。

 

Twitter: