7月9日はジェットコースターの日です。

ジェットコースター

 

1955年の7月9日に日本初となる
ジェットコースターが設置されたこと
に由来してできた記念日です。

 

設置というよりは、稼働という言葉
のほうが正しいかもしれませんね。

スポンサードリンク

日本初のジェットコースターが出来たのは
後楽園ゆうえんち
(現:東京ドームシティアトラクションズ)です。

 

この1955年7月9日という日は
日本初のジェットコースターが稼働した
日であるとともに、後楽園ゆうえんちの
誕生日でもあるわけです。

 

ジェットコースターというと富士急ハイランド
などがまず思い浮かびますが、後楽園が
元祖だったのですね~。

 

後楽園のジェットコースターってそんなに
怖くなさそうですけどね。

 

都会のど真ん中にあるので
何か事故が起きた時にやばいだろうな
というリアルな怖さはあるのですが。

 

さてこのジェットコースターの日、由来から
考えると東京ドームシティアトラクションズ
以外の遊園地にとってはあまり縁が深く
なさそうですね。

 

実際、他の遊園地を見てもこの
ジェットコースターの日に何かイベント
を行っているわけではなさそうです。

 

それどころか、当の後楽園のほうでも
毎年イベントやキャンペーンを行っている
というわけでもなく、50週年の2015年に
ジェットコースターの料金が60円になった
のみです。

 

まあ、後楽園にとってはジェットコースターの日
というだけでなく後楽園ゆうえんちの日なわけですしね。

スポンサードリンク

 

そして、他の遊園地にとっては
このジェットコースターの日でイベントを
しようにも、その由来を説明するときに
後楽園のことを引き合いに出さなくては
いけませんから、そういったイベントは
ジェットコースターの日には出来ないの
でしょうね。

 

ジェットコースターに乗る夢の意味とは?

さて、世の中には夢占いなるものが
存在していて、ジェットコースターに乗る
夢というのは自分の心の動向の暗示を
示しているんだとか。

 

それによれば、ジェットコースターを
どういう感情で乗っているかによって
意味が異なるそうです。

 

まとめると

  • 楽しんで乗る=精神的に強い状態
  • 怖がって乗る=不安な気持ち
  • 好きな人と乗る=好きな人への感情の昂ぶり
  • ジェットコースターが止まらない=精神的な焦り
  • ジェットコースターが故障=突き進んできたことが中断
  • ジェットコースターから落ちそうになる=気持ちが揺らいでいる
  • ジェットコースターから落ちる=気持ちが不安になっている
  • ジェットコースターが逆走する=感情の起伏が激しくなっている

 

をそれぞれ表しているんだとか。

 

これ、ぱっと見たところ誰でも思いつきそうな
結果になっていると思いませんか?

 

意味も何もなく、ただそのままですよね。

 

私なんかはハナから占いを信じる
気持ちがないので、ついバカにした
見方をしてしまうのですが、もしこれが

 

「好きな人と一緒にジェットコースターに乗っていて
最初は楽しんでいたのだが突然故障して止まってしまい
急ブレーキで落ちそうになったので不安な気持ちになった。
動き出したと思ったら今度は逆走して止まらなくなり
最後に落ちてしまった」

 

という夢を見たら一体どういう意味があるのでしょうか?

 

そもそも夢というのは脳が記憶を整理している
時に出るノイズのようなものを見せられている
だけで、深層心理の意味など特にありません。

 

あまり夢の意味は深く考えないほうが
精神衛生上良いと思います。

記事を書いて月3万円を自動で稼いでます

実はこういう記事を書くことでに月約3万円を何もしないで自動で稼いでいます。

 

元々公務員をやっていたのですが、今はこういったブログをいくつか作って得られる収入だけで生活しています。

 

ブログから自動でお金を稼ぐ方法というのを詳しく書いて情報発信するブログも書いていますので、もしブログを書いて「何もしないで勝手に収入が得られる」生活に興味がある人はそちらも参考にしてみてくださいね。

 

こちらでブログで稼ぐ方法を書いています。

 

Twitterもやっているのでフォローしていただけると嬉しいです。

 

Twitter: