「井の中の蛙大海を知らず」ということわざがあります。

井の中の蛙

 

省略されて単に「井の中の蛙」とだけ言う場合もありますね。この言葉が使われる際は、往々にして視野が狭くお山の大将を気取っているようなマイナスのイメージがつきまといます。

 

 

多くの人たちが「井の中の蛙」の意味についてはこのように把握しているところだと思いますが、実は「井の中の蛙大海を知らず」には続きがあるといいます。

 

続きなんて初めて聞いたという人が多いと思いますが、そもそもこの言葉って誰がどこで言い出したのかという由来も気になりますよね。

 

 

そこで、「井の中の蛙大海を知らず」の続きや、その意味・由来についてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

井の中の蛙の意味・由来とは

「井の中の蛙大海を知らず」の原点は、中国の思想家である荘子の「秋水篇」に出てくる言葉にあります。それは

 

井蛙不可以語於海者、拘於虚也

 

というもの。もう少し詳しく全文を載せると

 

北海若曰、井蛙不以語於海者、拘於虚。夏虫不以語於冰者、篤於時也。曲士不以語於道者、束於教也。今爾出於崖涘、観於大海、及知爾醜。爾将可与語大理矣。

 

という風になります。これをこの文章が書かれた背景を交えて現代風に訳すと

 

「黄河の神である河伯(かはく)が初めて海へ行ったところその広さに驚き、北海の神である若(じゃく)に話したところ、若は『井の中の蛙には海のことを話しても分からないし、夏の虫には氷のことを話してもわからない。いずれも狭い環境に囚われ、ありきたりの視野・見識しか持ち合わせていないからだ。あなたは大きな海を見て自身の愚かさを知り、物事の真理を知ることができたのだ。』

 

という風になります。この話の中では、「井の中の蛙」は主役ではなく「見識の狭い者」の一例として出てくるだけですね。そして、狭い見識にとらわれるのではなく視野が広がったことに対する賞賛を結論としています。

スポンサードリンク

 

この話が日本にも取り入れられ、ここから一部分を切り取ったのが「井の中の蛙大海を知らず」なので、その愚かさを強調するような意味として「狭い見識にとらわれて自分の住んでいるところがすべてだと思い込んでいる人」のことを指すようになりました。

 

 

このことわざにケチをつけるなら、基本的にカエルなどの両生類は海水などの塩分濃度の濃い水に浸かると浸透圧で体内の水分が抜けてしまうのでそもそも海で暮らす必要もなければ海のことを知る必要もないということです。

 

そのことを荘子が知っていたか知らなかったのかはわかりませんが、もし後者だとしたら荘子自身が「井の中の蛙大海を知らず」ということになりますね。

 

井の中の蛙大海を知らずの続きとは

さて、冒頭で申し上げた「井の中の蛙大海を知らず」には続きがあるということについてですが、上記を見れば「夏の虫は氷のことを知らない」であると言えなくもないのですが、これとは全く別の続きがあります。それは

 

井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さ(青さ)を知る

 

というものです。荘子の言葉からすれば空の話など全く出てきていないのは明白で、これは日本が「井の中の蛙大海を知らず」に独自に付け加えたものです。その意味はひとつの場所にとどまればそれについてより深い知識を得ることができるというもの。

 

後付けで作ったものなので屁理屈のようにも聞こえますね。ひとつの場所に場所にとどまって専門知識を得ることができるのは確かですが、視野が狭くなることに対しての弁明にはなっていないからです。

 

とはいえ、一つの分野を極めて深い知識を得ることが有用であることもまた事実です。特に日本人は細部にこだわりとことん極めようとする職人気質なところがあるのでこちらのほうも受け入れやすい話なのかもしれません。

 

また、日本や世界を問わず様々な偉人がこの一つの道を究めることの重要性を説いております。

 

イチローは「小さなことを積み重ねることがとんでもないところへ行くただ一つの道」という風に言っていますし、羽生善治は「才能とは努力を継続できる力」と言っていますし、かのアインシュタインは「私は天才ではなく、人より長くひとつのことと付き合ってきただけだ」と言っています。

 

偉人が言ったからすべて正しいというわけでもありませんが、「続けること」によって大成することができた人もいるという事実は揺るぎありません。

 

とかく私たちが井戸の中に放り込まれた蛙だとしたら、退屈すぎて「広い海に行きたいな~」と思ってしまうでしょうね。その置かれた環境を嘆くのではなく「今できること」を続けることで、やがて落ち着いた気持ちで「空の良さ」に気づくことができるでしょう。

記事を書いて月3万円を自動で稼いでます

実はこういう記事を書くことでに月約3万円を何もしないで自動で稼いでいます。

 

元々公務員をやっていたのですが、今はこういったブログをいくつか作って得られる収入だけで生活しています。

 

ブログから自動でお金を稼ぐ方法というのを詳しく書いて情報発信するブログも書いていますので、もしブログを書いて「何もしないで勝手に収入が得られる」生活に興味がある人はそちらも参考にしてみてくださいね。

 

こちらでブログで稼ぐ方法を書いています。

 

Twitterもやっているのでフォローしていただけると嬉しいです。

 

Twitter: