8月13日は左利きの日です。

左手

 

じゃあ逆に右利きの日はあるのか?
と調べた所、右利きの日はないみたいです。

 

しかし、ないからこそ右利きが世界標準であって
記念日のある左利きのほうが少数派、マイノリティ
であることを暗に物語っているのです。

スポンサードリンク

 

世界左利きの日の由来

1992年8月13日に、左利きでも安全に使える道具を
各種メーカーに対して呼びかけることを目的として
イギリスのLeft-Handers Clubが制定しました。

 

 

確かに、ハサミや包丁などもお店で売られている
ものはほぼ右手用のものですしね。

 

なぜ8月13日なのかというと、その由来は
Left-Handers Clubの代表者の誕生日
だから、というちょっと独りよがりな理由
由来しています。

 

実は、日本にはかつてもう一つ
左手の日が存在していました。

 

2月10日です。

 

語呂合わせ大好きな日本人らしく
0210を「レフト」と読ませて左手の日
としていたのですが、この8月13日は
「国際左手の日」であるため、それに合わせて
こちらは現在では「左利きグッズの日」
になっているみたいです。

 

このあたり、遠慮深い日本人らしいというか。

 

左利きの日本人の割合は?

 

さて、少数派と言われる左利きの人
ですが、日本人で左利きの人という
のはどれくらいの割合で存在して
いるのでしょうか?

 

調べた所、約12%ほどの割合で
左利きの人は存在しているようです。

 

体感としては学校のクラスが40人だとして
大体5人くらい左利きの人がいたような
気がしますから、この数字は確かに
当てはまる気がします。

 

ちなみに、男女比で言うと左利きの人は
男性の方が女性よりも4倍多い割合で
いるそうです。

 

アスペルガー症候群なども男性の方が
多いとは聞きますが、男性には変わり者
が多いということなのでしょうか?

スポンサードリンク

 

性格的に見れば男性には
「我が道を行く」派の人はいても
女性は周りに歩調を合わせる傾向が
多いんで、変わり者は少ない気がしますね。

 

そして、これは世界標準で見た時の
左利きの人の割合とほぼ一致します。

 

世界でみると約11%の割合になるそうで
日本は世界標準よりも若干多いですね。

 

こうしてみると11%という数字は
確かに一定の人が存在しているものの
少数派、と言える絶妙な割合であると
言えるような気がします。

 

右手が利き手という人が圧倒的に
多い世界標準なわけで、左利きの人が
マイノリティというのは覆しようがありません。

 

見込み顧客が多い市場で商品を売り込む
というのは仕方ないことですから、左利きでも
使えるグッズを作れ!という要望はなかなか
難しいのかもしれません。

 

工具メーカーなどは何もボランティアで
やっているわけではなく、あくまで営利目的
が先にありますからね。

 

利き手は生まれつき決まっている

右利きか、左利きかということに関しては
生まれつきほぼ決まっているようで
胎児の頃からすでに利き手の指を
盛んにしゃぶるというのが超音波でも
確認できるようです。

 

遺伝子レベルでも、LRPTM1という部分が
利き手の決定に関わっているらしく、
生まれつきでもう覆しようがない
のですね。

 

ただし、これはアメリカなどに多いのですが
先天的に左利きで生まれながらもその後の
訓練によって右手も利き手にし、
両利きになった人が一定程度、具体的には
23%ほどいるようです。

 

そのため、アメリカでの左利きの人の割合
というのは2%と極端に低くなって
います。

 

やはり左利きというのが不便で
後天的に右手も使えるようにしないと
生きづらいのでしょうか。

 

自分に合わせて社会を変えようとするよりも
社会に合わせて自分を変えるほうが現実的
でしょうね。

 

とはいえ、野球などのスポーツでは
左利きだからこその強みもあると思うので
左利きだから全部不利、というわけでもないと
思います。

 

左利きの日は左手でも安全に使える
工具を求めるという当初の由来がある
わけですが、そうではなくもっとポジティブに

「左利きだとこんなにすごいんだ!」

 

と皆に知らしめる記念日になると良いですね。

 

記事を書いて月3万円を自動で稼いでます

実はこういう記事を書くことでに月約3万円を何もしないで自動で稼いでいます。

 

元々公務員をやっていたのですが、今はこういったブログをいくつか作って得られる収入だけで生活しています。

 

ブログから自動でお金を稼ぐ方法というのを詳しく書いて情報発信するブログも書いていますので、もしブログを書いて「何もしないで勝手に収入が得られる」生活に興味がある人はそちらも参考にしてみてくださいね。

 

こちらでブログで稼ぐ方法を書いています。

 

Twitterもやっているのでフォローしていただけると嬉しいです。

 

Twitter: