暑い夏がやってくると。逆に注意
したいのがエアコン、クーラーの
効きすぎです。

エアコン

飲食店などでも、暑い外を歩いてきた
人達がお店に来ることを考慮して
ガンガンに効かせていることって
多いですよね。

 

こちらは暑さ対策に軽装で行くと
寒いくらいになってしまいます。

 

ところで、クーラーを使用すると空気が
乾燥するというのはよく聞きますが
あれってなぜなのでしょうか?

 

ということでクーラーを使うと
空気が乾燥する理由を調べてみました。

スポンサードリンク

クーラーで空気が乾燥する仕組みとは

空気中に含まれる水分というのは
急激に冷やすと水滴になります。

 

わかりやすい例で言うと、冷えた
缶ジュースやペットボトル、グラス
などを放置しておくと周りに
水滴がつきますよね。

 

結露

これを結露と言うのですが
冷房による空気の強制的な
冷却においても発生します。

 

外気のむわっとした熱気を
涼しい空気に変えるのですから
まあ当然といえば当然ですね。

 

そのためエアコン内部で結露が発生し
そこで作られた水分は屋外へと排出
されます。

 

水分が外へどんどん排出されるため
室内の空気は乾燥に向かうことに
なります。

 

と、これが冷房を使うと乾燥に向かう理由です。

 

とはいえ、日本の夏は高温多湿なため
よほどのことがない限り冷房による乾燥は
気にしなくても良いでしょう。

スポンサードリンク

 

冷房で乾燥するからといって
加湿器をつけると、今度は冷房の調節機能
が鈍ります。

暖房でも空気が乾燥する仕組みとは

そして、暖房を使うことでも
空気が乾燥すると言われますが
冷房を使った場合のものとは
仕組みが異なります。

 

我々は空気が乾燥することを
「湿度○○%」とか言って表したり
していますが、これは相対湿度
と言われるもので、

空気中に含むことが出来る水蒸気の最大量
(飽和水蒸気量)に対してどの程度

水蒸気を含んでいるか

という指標になります。

 

 

飽和水蒸気量というのは温度によって
異なり、温度が高くなるほどより多くの
量の水分を含むことが出来るようになります。

 

つまりカルピスみたいなもので

湿度が高い=濃いカルピス
湿度が低い=薄いカルピス

と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

 

そして暖房によって空気を温めれば
温度は上がり、飽和水蒸気量も増えます。

 

しかし飽和水蒸気量の増加に対して
空気中の水分量は一定のため相対的に
湿度が下がり乾燥するというわけです。

 

よくエアコンの暖房よりも灯油やガスなどの
ストーブやファンヒーターのほうが乾燥しない
と言われますが、灯油やガスは燃焼する際に
水蒸気を発生させるため、結果的に湿度が
保たれるというわけです。

 

ストーブ

 

この原理で言えば、冷房を使うと空気が
冷却されることで飽和水蒸気量が減り
湿度は上がりますよね。

 

冷房の結露によって水分が排出される
ことと合わさってバランスが取れるため
夏場の冷房による乾燥はそこまで
問題にならないのは飽和水蒸気量の
こともあるのです。

記事を書いて月3万円を自動で稼いでます

実はこういう記事を書くことでに月約3万円を何もしないで自動で稼いでいます。

 

元々公務員をやっていたのですが、今はこういったブログをいくつか作って得られる収入だけで生活しています。

 

ブログから自動でお金を稼ぐ方法というのを詳しく書いて情報発信するブログも書いていますので、もしブログを書いて「何もしないで勝手に収入が得られる」生活に興味がある人はそちらも参考にしてみてくださいね。

 

こちらでブログで稼ぐ方法を書いています。

 

Twitterもやっているのでフォローしていただけると嬉しいです。

 

Twitter: